Members

人材紹介事業領域マネジャー 小野

営業は奥が深い!

現在、人材紹介事業のマネジャーとして、コーディネーター・営業業務とメンバーマネジメントを行っています。気がつけばキャリアのほとんどが営業、「営業は奥が深い!」の一言に尽きます。
何がおもしろいって、わかりやすく自分がマーケットに判断され、結果を得られるところがとてもシンプルなんです。営業力=人間力、元々は営業だけはやりたくないと思っていたのですが、「営業ができるようになればどこでも通用する」と考え、あえて一番やりたくない仕事に飛び込んだのがキャリアの始まりです。
その後、出産などのライフイベントもあり転職もしたのですが、今も営業としてのキャリアに邁進しています。

エルユーエスの人材紹介事業は、コーディネーターが求人者への営業までを一気通貫で行うことに特徴があります。コーディネーターと企業担当を分ける会社も多く、私が以前勤めていた会社も同様でしたが、断然、一気通貫に醍醐味があります。
たとえば、モノを売る営業であれば売りポイントはわかりやすくて非常に見せやすい。でも人になれば自分のフィルターを通して、本人には見えていない側面を引き出すことができます。視点を変えてみたときに見えてくるものを、求人企業にどう伝えるのか、マッチングさせるのか。この点は機械にはできない本当の面白さだと思っています。
「私を通してくれたからこそ実現できたマッチング」は、コーディネーターだけをやっていては成立しないと思っています。
紹介する人も、求人企業も毎回違います。完全なルーティーンにはなり得ない。そういう意味では一期一会の仕事を毎日行っているとも言えます。

変化を恐れない会社

一般メンバーから入社して、マネジメントを行う立場になって思うのは、とにかく会社の成長スピードに負けてはならないということです。ポジションや求められる役割が変わることで見えてくる景色はまったく違います。背負う責任の領域も圧倒的に違う。この変化は大変ですがとにかく楽しいと感じられています。
私が入社した当時、エルユーエスに子どもを育てながら働く人はいませんでした。それでも、時代の変化や、良い人を採用して強い組織にしていくために、エルユーエスは柔軟に対応してきました。変化への対応は、時に過去を否定することでもありますので、なかなか踏み切れない会社も多いと聞きますが、私が10年間この会社を見てきて「エルユーエスはやれることはやってきた」と言えるのではないかと思います。

面接では生き方を語ってほしい

「ゴールから逆算し、現状認識、最後に課題を特定する」というのはエルユーエスではよく言われることですが、私も実感しています。目標を出すだけであれば誰でもできますが、今のこの現状を生み出しているものはなにか。つまり、これまでの職歴というのは、その人がどう生きてきたのかだと思っています。その内容の良し悪しではなく、目標と職歴の整合性が取れているのかどうか。面接でもそれを是非、聞いてみたいと思っています。

プロフィール

弁護士秘書、出版系営業、専門職向け人材紹介会社の立ち上げを経験し、2011年に介護・医療業界に特化した株式会社エルユーエスに入社。入社以来、一貫して人材紹介事業に従事。現在は人材紹介事業マネジャー。

Members

当社で活躍するスタッフを紹介します。

野田 荘一

野田 荘一

代表取締役
田中 留衣

田中 留衣

マーケットデザイン領域
マネジャー・人事担当

伊藤

伊藤

採用活動支援事業領域
マネジャー

小野

小野

人材紹介事業領域
マネジャー

原

人材紹介事業領域
チーフプランナー

CommingSoon