Members

採用担当メッセージ

マーケットデザイン領域マネジャー・人事担当 田中 留衣

エルユーエスで働くということ

株式会社エルユーエスはまだ発展途上の会社です。大企業と比較すると、脆弱な部分もたくさんあることは事実です。
この会社の魅力は、会社としての拡大意欲が明確であるからこそ発展途上だということです。
会社としてもっと社会に貢献していくために、社員数を増やし、新規事業も立ち上げ、拡大していく。
その意志は明確にあります。その発展途上にあるからこそ、社員個人に求められるもの、すなわち
明確な「成果」が社員全員に求められるということです。

成果を出すことは、社会に貢献すること。
社会に貢献した証として企業は利益を得るわけなので、その利益を出した社員の「成果」は求められて当然と考えています。
こうした書き方をしてしまうとシビアに捉えられてしまいがちですが、
成果を出すプロセスと、成果を出さないプロセス。
どちらの経験を経るほうが成長できるかを考えると、断然、成果を出すプロセスのはずです。

エルユーエスで働くということは、会社の成長過程において、社員個人が成長できる環境があるということです。

エルユーエスが考える成長環境

たくさんの優秀な人たちに囲まれて、素晴らしい環境で豊富な教育研修を受けることが成長環境であると
考えられている方はとても多いのですが、残念ながらエルユーエスはそうした環境ではありません。
さらにいうと、そうした環境が必ずしも成長するかというとそうではないと考えています。
経験を積んでいくほどに、本人が「育ちたい」と思わなければ、成長することは難しくなります。
「育てたい」と思っても、当の本人に「育ちたい」という気持ちがなければ意味がないのです。

一方、社員が「育ちたい」と思った時に、会社が「育った結果どんなことがあるのか」を明確に提示できなければ
成長を阻害してしまいます。
エルユーエスは年齢・社歴・働き方に関係なく、「育ちたい」と思った社員が正しいプロセスで成果を出したかどうかで
評価していきます。
新卒でも、入社1ヶ月でも、家庭との両立が必要でも、意志と成果が伴えば役職を得ることもできますし、
自分の給与を上げていくこともできます。
意志ありきの人事評価制度によって、社員の「育ちたい」に応えるべきと考えています。

社長の距離が近いというのは、どういうことか

よく社長との距離が近いことのメリットが語られますが、私自身、そのメリットは強く感じています。
現場とマネジャーとしてというのは視点の高さも視界の広さもまったく違います。
これが経営の立場になるとさらに異なる。
その視点を近い距離で学べる環境というのはそう多くはありません。
とはいえ、経営の視点で学ぶためには、やはりそこに近づく努力は自らしなくてはなりません。
現場視点しかない、マネジャー視点にも到達していない人に経営視点は学べません。
それを学ばせてもらうための、いわば権利を得るために自らの責任で成長しないとならないということです。

「社長の言っていることがコロコロ変わる」というのは、エルユーエスでも実はよくある話です。
これはとてもおもしろい現象で、現場視点でしか見られていない状態だと実によく「コロコロ変わる」と
感じてしまいます。
これが徐々にマネジャー視点で見られるようになると、「あ、この問題が出てきたから、この方法に変えたんだな」ということが
わかったりします。こうなってくると、「経営」という立場にある人の思考回路、判断基準、優先順位というものに
興味が湧いてきます。この視点で語れる仲間が増えてくると本当に刺激的な組織になります。

エルユーエスではマネジャーの椅子の数が決まっているわけではありませんので、意志と成果さえ伴えば
全員でもマネジャーに登用していきます。
しかし、現在のエルユーエスは、まだ高い視点で語れる仲間は多くはありません。
そうした意味でもまだ発展途上だと言えます。

制度を整えるのは会社の責任。制度を活かすのは社員の責任。

私がエルユーエスに中途入社したのは2012年ですが、当時から社長の野田は「会社に来なくても仕事ができる環境」を
整備したいと考えていました。
私は小さな子どもがいる状態での転職でしたので、子どもの病時に在宅勤務ができること、
残業ができなくても成果を出していれば評価される会社は当時さほど多くなく、とても魅力的でした。
どうしても出社しなくてはならないときには、子どもを連れて出社したこともたくさんあります。

社員としてこうした制度を求めるのは間違いではありませんが、
それをすることで会社にとってどんなメリットがあるのかということは切っても切り離せない問題です。
つまり、働き方に制約があっても、その人を雇うメリット=社員が出す成果がなければ、
制度は意味のないものになってしまうということです。

働き方に配慮はするけれど、成果は配慮しない。

考えてみると当たり前の構図なのですが、これが社員に課せられた責任でもあると思います。
エルユーエスは今後、より多くの働き方を提示していきます。
週休3日制や、副職OKなどもその一環です。
しかし、それらの制度をうまく機能させるには、この制度によって社員一人ひとりが会社に対しての
メリットも提示できなくてはなりません。
会社と社員が共に成長できる本当の環境とは、お互いにメリットがある状態ではじめて実現されるのだと思います。

変化を楽しみ、変化をさせていく仲間を、もっともっと増やしていきたいと思っています。

プロフィール

大学卒業後、広告代理店に入社。マーケティング、営業に従事。
その後、外資系企業を経て2012年に株式会社エルユーエスに入社。
エルユーエスで第1号かつ2度の産休・育休を経て復帰。
横浜オフィス拠点長を経て、現在はマーケットデザイン領域マネジャー。

Members

当社で活躍するスタッフを紹介します。

野田 荘一

野田 荘一

代表取締役
田中 留衣

田中 留衣

マーケットデザイン領域
マネジャー・人事担当

伊藤

伊藤

採用活動支援事業領域
マネジャー

小野

小野

人材紹介事業領域
マネジャー

原

人材紹介事業領域
チーフプランナー

CommingSoon